ライティング

ブログ初心者でも分かりやすい文章が簡単に書けるようになる記事の書き方

目安時間 7分
  • コピーしました

ブログを初めて書く人が、いきなり記事を書き始めても上手に書けないことが多いでしょう。

 

書いている途中で止まってしまったり、1記事完成させるのにすごい時間がかかったり、そもそも書き出しで詰まってしまうという経験はありませんか?

 

僕もブログを始めたばかりの頃はなかなかうまく書けなくて、1文書いては止まり、また書いては止まりで「うーん、やっぱりこうじゃないな」と何度も書き直したものです。

 

そんなこんなで1記事書き上げるのに気づけば4時間以上かかっていたこともありました。

 

しかし4時間以上かけて書いたものを読み返すと、これがまたひどい文章なんですよ。

 

話が飛んでいたり全然つじつまが合っていなかったりで、「自分はなんて文章力がないのか…」と正直とても落ち込みました。

 

ですが、文章には基本的な型があるんです。

 

文章の基本的な型を知っておくと、ブログ記事はとっても書きやすくなります。

 

そこで当記事ではブログを初めて書く人に向けて、文章の基本的な型を解説してきますね。

 

文章の型を知るだけでも、ブログ記事はうーーんと書きやすくなりますし読者に伝わる文章も書けるようになりますよ。

 

記事を書く前に文章全体の構成を考えよう

あなたはブログ記事を書くときはいきなり本文から書き始めますか?

 

実はブログの記事は何の準備もなしにいきなり書き始めてはいけません。

 

記事を書く前に準備が必要です。

 

準備と言ってもやることは簡単。

 

まずは文章全体の構成を考えます。

 

文章の構成にはいろいろなパターンがあるんですが、ブログの記事では簡単なパターンでOKです。

 

なお、小学校や中学校では作文の文章は「起承転結」で書くように教わったと思いますが、ブログではほとんど使いません。

 

「起承転結」とはたとえば以下のような書き方です。

 

  • 僕はうどん屋さんに行きました。【起】
  • 僕はカレーうどんを注文しました。【承】
  • ところがカレーそばが運ばれてきました。【転】
  • 食べてみるととても美味しかったです。【結】

 

簡潔に言うと4コマまんがによくあるような構成ですね。

 

ですがブログ初心者がこのような「起承転結」でブログ記事を書こうとするのは間違いです。

 

なぜかというと実は「起承転結」は作家や小説家が使う、高度な表現技法なんですよね。

 

だから初心者が真似をしてもうまく書けないのは当然なんです。

 

ブログはもっとシンプルで分かりやすい構成で書くようにしましょう。

 

ブログ記事に向いている簡単な記事の構成パターンとは?

 

シンプルな文章構成とは「結論」⇒「理由」⇒「具体例」⇒「結論」という構成です。

 

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

 

英語の頭文字を取って「PREP法」(プレップ法)とも言われ、この構成で書くと分かりやすく簡潔に伝えられるというメリットがあります。

 

ポイントは「結論」を頭に持ってくること。

 

たとえば、「ブログ記事の書き方はPREP法で書くのが良いですよ」という文章では、このような構成とします。

 

  • ブログ記事はPREP法で書きましょう。【結論】
  • なぜなら、PREP法で書くと分かりやすく簡潔に伝えられるからです。【理由】
  • たとえば、PREP法の書き方は以下のとおりです。~中略~(例を示す)【具体例】
  • だからブログ記事はPREP法で書くのがおすすです。【結論】

 

この構成が最もシンプルで、読み手にとっても分かりやすいですし、書き手にとっても作りやすいです。

 

なぜなら結論を先に書いておくことで話が脱線することがありません。

 

また、読み手の方も「この記事にはこんなことが書いてあるんだな」と書き出しである程度想像できるため、書き手の表現力が多少乏しくても分かりやすくて説得力のある文章を書くことができます。

 

人間は先に結論を聞いた方が後の話が理解しやすいんです。

 

なお、PREP法をマスターするポイントは接続詞。

 

  • 理由の前に「なぜなら」や「なぜかというと」をつける
  • 具体例の前に「たとえば」や「具体的には」をつける
  • 最後の結論に「だから」や「したがって」をつける

 

このように、まずは接続詞を意識して記事を書くことで文章力は自然に上達していきますよ。

 

PREP法は文章を作る際の基本中の基本です。

 

なお、ブログ記事だけでなく履歴書の自己アピール文やプレゼンなどでも使えるので、必ず練習してマスターしてみてくださいね。

 

最後に

ブログ記事はいきなり書き始めるのではなく、まずは文章全体の構成を考えましょう。

 

「結論」⇒「理由」⇒「具体例」⇒「結論」の順に書いていくと、必然的に分かりやすい文章が簡単に書けるようになりますよ。

 

「PREP法」で記事を書くと、ブログの書くのが初めての人でも、ある程度スラスラと文章が書けるようになります。

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

daidai
トラックバックURL: